iDE

 iDE社労士塾は社会保険労務士試験専門予備校として、おそらく受験生では知らぬ人はいないほどの知名度を誇ります。
さほど大きな学校ではないのですが、通学講義の他、通信講座も幅広く展開しているので、地方在住の方でも受講しやすいスタイルが整えられているといえるでしょう。

 そんなiDEの社会保険労務士試験対策の特徴といえば・・・
● 「理解重視」の丁寧な解説講義
● 基礎だけでなく、応用的な内容にも触れている
● ボリュームたっぷりの教材

などを挙げることが出来ます。
膨大な知識を要する社会保険労務士試験については「理屈よりもとにかく暗記!」という教材が多い中、「制度の仕組みをしっかりと理解すること」に力を入れているものは珍しいのではないでしょうか?
また、長期受験生もしっかりと満足できるような「応用的な内容」や「ボリューム」を兼ね備えているのも、iDEならではであると言えるでしょう。

 しかしながら、一方では「解説が細かすぎて、社会保険労務士試験合格のためにどこを本当に覚えるべきか明確でない」「教材の量が多すぎて、仕事をしながらではとてもこなしきれない」などの意見も挙げられているようです。
確かに、初めて社会保険労務士試験に挑戦するような方には、少々厳しい一面もあるのかもしれませんね。
社会保険労務士試験合格のために必要なことは、「基礎の徹底理解」。
あまり応用的なことにばかり触れられていると、かえって基礎がおろそかになってしまう危険性が高くなりますね。

iDE社労士塾の通信教育は、初学者よりも、すでに何年も受験を経験されている方向けの通信教育であると言えそうです。