なぜ「通信教育」なの?

 本格的に社会保険労務士試験の対策を始める前に、まず検討すべきなのが勉強法。
例年、ほとんどの受験生が「通学か?通信か?それとも独学か?」と、あれこれ頭を悩ませるものです。

 通学にも独学にもそれぞれ良い点はありますが、ここでは自分自身の受験体験を元に、ぜひ「通信教育」をオススメしたいと思います。
私は社会保険労務士試験に何度も挑戦した経験があり、そんな受験生活の中で「通学」、「独学」、「通信」のすべてにチャレンジしました。
「通学」で金銭的な負担感と時間的な余裕のなさに、そして「独学」では教材選びやスケジュール管理という問題に悩まされ、結果、合格することは出来ませんでした。
ですが、心機一転「通信教育」に挑戦してみたところ、実に効率の良い学習で見事合格>心機一転「通信教育」に挑戦してみたところ、実に効率の良い学習で見事合格を勝ち取ることが出来たのです!

 社会保険労務士試験を受験する上で、「通信」にして特に良かった点は・・・
● 自分の都合に合わせて学習時間を設定できる
● 社会保険労務士試験専用の対策講座なのにリーズナブル
● 合格に必要な教材がすべてセットされている

といったポイントでした。
前者の2点は「通学」、そして最後に挙げた教材に関する項目は「独学」をしていたときに大きなネックとなった問題だったので、これらの両方がクリアされた「通信」はとても取り組みやすかったですね。

自身の経験から、(社会保険労務士試験に限らず)社会人が資格取得を目指す際には「通信教育が一番」と、自信を持って言えます!
この章では、「社会保険労務士試験対策の通信講座比較」をご紹介していきますので、ぜひ今後の学習にお役立ていただければと思います。