意外と重要な”現状維持”

 社会保険労務士試験で見事7割以上得点できた方にも、意外に重要となってくるのが「知識の現状維持」ではないでしょうか?
「もしかしたらうかっているかも!」という場合、どうしてもその資格の学習からは離れがちになってしまいますが、それではせっかく習得した知識が一気に劣化してしまいます。
社会保険労務士試験に合格していた際、実務経験のある方であればすぐに実務家として歩き出すわけですし、未経験のケースでは年明けから指定講習が開始されます。
いずれにせよ、社会保険労務士試験で培った知識を維持した状態でないと、実務家としてスタートを切るのは困難を極めることになるでしょう。
もちろん、運悪く不合格だった時には来年の再受験に向け勉強を始めなければなりません。

 よって、社会保険労務士試験に合格している可能性が極めて高いケースにも、試験範囲の重要事項は努めて復習されておいた方が良いと言えます。
具体的な方法としては何も特別なことをする必要はなく、「これまで使っていたテキストを読み直す」程度で構わないと思います。
しかしながら、「それではモチベーションが上がらない」という場合には、「実務向けのQ&Aに目を通す」など実際の仕事に特化した内容にシフトするというのもオススメです。
実務向けとして、社会保険労務士連合会からいろいろと関連書籍が出版されていますね。
試験勉強とはまた違ったアプローチで基本事項を再確認することが出来るので、役に立つと思います。

 社会保険労務士試験合格の可能性が高いという方にも、常に知識のブラッシュアップを図りましょう!