社会保険労務士試験、合格発表までの2ヶ月間の正しい過ごし方

 社会保険労務士試験は毎年8月下旬の日曜日に実施され、11月の合格発表までには実に2ヶ月以上もの時間を悶々と過ごさなければなりません。この試験を受験された経験のある方であればお分かりになると思うのですが、この空白期間は本当に長く感じられるものですね。
毎年合格基準点が変わる社会保険労務士試験。例年のボーダー上にいる場合であれば、「今年は46点?47点?」などとやきもきするものですし、自己採点で44点前後の一歩及ばないようなケースでも「もしかしたら・・・」という可能性にモヤモヤとさせられます。また、「間違いなく合格!」という得点を確保できている方であっても、「もしかしたらマークミスがあるかも」などの不安要素は尽きません。
そんなこんなで社会保険労務士試験終了後の”宙ぶらりん”な時間というのは、受験生にとってはまさに「蛇の生殺し」状態。仕事も勉強もろくに手につかないというケースがほとんどなのです。

 しかしながら、もしも合格発表までの期間をどんな風に過ごすのかによって、今後あなたが社会保険労務士として歩む上でのスキルがぐんと変わってくるとするなら・・・

当然、2ヶ月間を有意義に過ごして、少しでもプラスになるように頑張りたいですよね!
今年の社会保険労務士試験の合格発表日を境に来年リベンジをすることになるにせよ、実務家として一歩前へと歩みだすことになるにせよ、それまで社会保険労務士試験に関連する知識はほど良く温めておいた方が得策と言えましょう。

 このサイトでは、社会保険労務士試験終了後から合格発表までの2ヶ月間を有意義に過ごすためのコツややるべきことを、合格の見込み別に詳しくご紹介しています。
うかっている可能性の高い人から再受験決定の人まで、受験生必見の内容が満載です。
また、オマケとして社会保険労務士試験合格にオススメの勉強法もご紹介しているので、これから受験を考えている方もぜひ一読してみてください!

 社会保険労務士試験終了後から合格発表までは、「勉強から離れてリフレッシュ」という方も多いかもしれません。ですが、そんなことをしていたらせっかく培った知識はあっという間に頭から抜けてしまいます。
これでは、来年もう一度受けるにしても、晴れて合格し実務家として歩み始めるにしても、大変なマイナスですよね!

合格発表までの日々を正しく過ごすことで、周囲の受験生に格段の差をつけることが出来ます。
今後の成功の為に、”スタートダッシュ”は不可欠です!